ピンチング加工

HOME | 加工技術 | ピンチング加工

img20210203014108539117.jpg 同じ型を使って加工条件を変え、柄のバリェーションを出すことが出来る一例です。 img20210131151651008424.jpg タフタに加工しています。 img20210214184732271288.jpg 樹脂加工した綿/Peデニムに加工。 img20210131151651074293.jpg 柄の送り巾の間隔を変えられます。 img20210131151650509714.jpg 左がピンチング、右がピンチングをイメージして彫ったエンボス柄です。 img20210131151650514067.jpg 同じ柄でも基布によって出来上がりのイメージが変わります。 img20210131151650512085.jpg img20210131151650509694.jpg つまみ上げて固定する為、立体感が出ます。 img20210203013813374358.jpg Peレースに加工しています。

ピンチング加工

生地をつまみ上げて立体感を出す

プレスで成型するのではなく、つまみあげて(ピンチング)成型します。つまみあげることで、立体感のある柄を出すことが出来ます。ダイヤ柄、縦ダイヤ柄、波型柄をはじめ、つまみあげる間隔や位置を変える事で、約100種類のバリエーションが可能です。

徹底した温度管理で品質ムラ無し

生地ごとに温度条件等のデータ管理

生地の表面温度を徹底管理することで、温度差による品質ムラを無くしています。色々な生地の温度条件等のデータを管理しているので、リピート生産にも対応しています。
 
加工が難しい素材は、薄くて腰の強い生地や熱に弱い生地です。綿は特殊な樹脂加工との組合せにより、 洗濯耐久性の良いピンチング加工が可能です。お気軽にお問い合わせください。
※生地巾150cmまで対応

CONTACT

お問い合わせ

電話で問い合わせる

受付時間:9:00〜17:00

※土日祝日は休み
 
 

メールで問い合わせる

24時間受け付けております。

※ご返信に2〜3営業日かかる場合もございます。