3Dデジタルジャガード加工

HOME | 加工技術 | 3Dデジタルジャガード加工

960_20210131034509605.jpg 光の当たり具合で見え方が変わります。 960_20210131034230512.jpg さりげない無地感覚の使い勝手の良い市松柄です。 9601_20210131034509601.jpg 見る角度で柄が見えたり、無地ライクに見えたりと視覚上の変化が見られます。 960_20210131042141781.jpg 千鳥大は個性的な表現が可能です。 img20210301173508460705.jpg ハイテンションニットに加工しています。 9610.jpg 合皮に迷彩大。大き目で無地にも見える使いやすい迷彩柄です。 960_20210131042443619.jpg PVCに加工しました。柄がはっきり見えます。 960_20210201001700067.jpg 天然皮革に加工して、全くイメージの違う革が出来上がります。

3Dデジタルジャガード加工
(3Dエンボス加工)

角度で見え方が変わる 新しいエンボス加工

特殊な彫刻方法で作製した型ロールで加工します。見る方向によって柄が変化する立体模様は、単純な凹凸模様ではなく、万華鏡のような視覚上の効果が得られます。

当社イチオシの加工

マルヤテキスタイルの特許技術

当社独自の「3Dデジタルジャガードエンボス」用の特殊な彫刻ロール(特許取得 特許 6169745)を、熱と圧力により生地に形押し加工します。写真は迷彩柄の金型ですが、通常の金型とは違い、図形がいろいろな向きで構成されています。ひとつひとつの部分は同じ凹凸で彫刻されていますが、それぞれの彫刻の方向が異なります。その結果、3D的な視覚効果が得られるのです。

 
 

3D視覚効果による高級感

金型の調整で様々な表現が可能

他社にはマネ出来ない特許を取得した彫刻ロールで、表現の幅が広がります。3次元立体効果で図柄が変化し、高級感が得られます。加工可能な素材は、ポリエステル、ナイロン、トリアセテート、天然皮革、合成皮革 塩ビなどです。天然素材は難しいですが、樹脂加工することにより一部可能です。服地にはもちろんのこと、資材にも利用できます。

CONTACT

お問い合わせ

電話で問い合わせる

受付時間:9:00〜17:00

※土日祝日は休み
 
 

メールで問い合わせる

24時間受け付けております。

※ご返信に2〜3営業日かかる場合もございます。